ハエの駆除をペットボトルで簡単にすぐ済ます方法

ハエにバツ印がついてる画像

春先から夏にかけて、様々な場所で発生するハエ。人的な被害はありませんが、周囲を飛び回るために不快な思いをする人も少なくないでしょう。

 

そこでハエを退治するための具体的な方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

ハエが持つ走光性の性質をうまく利用して退治する

カーテンを開ける女性の画像

ハエを殺虫剤などを使わずに、退治(追い出す)には、「走光性」の性質を上手に使うことが求められます。

 

ハエは光刺激に反応して移動することが知られています。暗いところが苦手で明るい方向へ移動する性質をハエは持っているので、そこを使って退治が可能となります。

 

まずは部屋の電気をすべて消します。そしてカーテンを開けて外の明かりを部屋の中へと入れてあげるのです。

 

その後、窓を開ければハエは暗い室内よりも明るい外へと引き寄せられていくので、たったこのステップをするだけでハエを外に出せます。

 

ドライヤーでハエの身動きを封じられる!?

ドライヤーの画像

ハエが出現するのが、必ずしも夜とは限りません。昼間であれば、室内を暗くしても外の光が部屋の中に入るので結果的にどちらも明るくなってしまうからです。

 

これでは走光性の性質を使って退治することができないので、違う方法を用います。

 

ドライヤーの「冷風」をハエに当ててみてください。すると気絶したかのように、その場所を離れませんから掃除機で吸い取ってしまえば、手を使わずに簡単に退治が可能です。

 

ハエは強風にさらされると、自分の体が飛んでいかないように動かなくなるのです。この性質を使って、ハエに強い風を当ててあげると、面白いぐらいに動かないので退治も簡単にできちゃいます!

 

特製の液入りペットボトルでハエに罠を仕掛ける

ペットボトルのイラスト

ペットボトルを利用して退治を行う方法もあります。

 

酒とお酢、砂糖を混ぜた液体を大きいサイズのペットボトルに入れて、上部の側面方向に3センチほどの穴をあけます。

 

ハエは甘いニオイや発行したニオイに誘われます。穴をあけたのは中にハエをおびき寄せるためであり、ニオイに釣られてやってきたハエは、液体が羽に染み込んでしまい飛べなくなります。

 

さらに足にアルコールが付くため、滑って外に出られなくなりそのまま退治ができます。自宅にあるもので簡単に作れるというのが嬉しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました