ムカデに刺されたら出る症状としないと危険な2つの対処法

ムカデの画像

無数の足でのそのそと動くムカデ。百の足と書くだけあって、その姿に精神的な苦痛を受ける人も少なくないでしょう。

このムカデは人を刺してきます。もしムカデに刺されたらどう対処していけばよいのでしょうか?

ムカデは毒性が強いので油断禁物

ムカデは鋭いアゴで噛み付くので、正確には「噛まれた」となりますが一般的には刺されたと言われていますね。

どちらにしても、激しい痛みに襲われるので何か異変を感じることがほとんどで、すぐに気付きます。

ムカデの種類によって異なりますが、「アカズムカデ」は毒性が非常に強く、セロトニンはほとんど含まれていません。その代わりに局所透過性を高めてしまうポリペプチドが含まれていると言われます。

症状としては、激しい痛みと灼熱感を持ち、赤く腫れて炎症を引き起こすケースもあります。重症すると周辺組織が破壊され潰瘍化してしまう場合も報告されているので、油断することは出来ません!

ムカデに噛まれた後に起こるショック症状がとても怖い

ムカデに噛まれた腕の画像

ムカデに刺されたら、アナフィラキシーショックにも注意が必要です。

ハチに刺されたときの代表のような印象を持つかもしれませんが、実はムカデであってもショック症状が出る場合があります。

毒性が強い両者に刺されると、人間の中ではその毒性に対する抗体が出来上がります。ところが2回目以降に刺されると、この抗体が過剰に反応をしてしまい心臓マヒや呼吸困難、意識障害という症状を出すのです。

処置を誤れば死亡する可能性もあるので、異変を感じたらすぐに救急車を手配して迅速な治療が求められます。

ムカデの毒を取り出し、冷やすか温めること!

インセクトポイズンリムーバーの画像

ムカデに刺されたら、傷口から毒を取り出します。口で吸うのは衛生上あまりよろしくはありませんので、市販されているポイズンリムーバーという専用の取り出しアイテムを利用しましょう。

傷口は小さいので、毒を取り出しても効果がさほど変わりませんが、やらないよりかはマシなので実行しましょう。そして傷口をしっかりと粗い、患部周辺を氷や保冷剤などで冷やすようにします。

もし抗ヒスタミン剤や、ステロイドが入っている軟膏があれば、それを塗布しておきます。

また民間療法のレベルですが、温熱療法というものも効果があると言われます。ムカデの毒はたんぱく質で酸性を示すので、熱に弱いのです。そのため毒の効果を消すために、患部に40℃程度のシャワーをかけてあげると毒の広がりを防げるというのです。

温めるのと冷やすのでは、大きく異なってきますので、どちらが効果があるのかは今のところ不明です。そのため現在では昔から言われている「冷やす」方法を教える医師が多いようです。

いずれにしてもムカデに噛まれたら病院に行こう

医者と男性の画像

ムカデに刺されたら、焦ってしまい何をするべきか思い浮かばない人も多いでしょう。そんな時のために、いくつか方法を紹介しましたが、最終的には病院で診察を受けることが大切です。

冷やしたり温める方法は、どちらも素人が行う応急処置に過ぎません。ムカデの毒がその人の体内でどんな反応を示すのかは、その時になってみなければ分かりません。

ショック症状が出た場合には命の危険もあります。ムカデに刺されたら応急処置をして、速やかに病院へ行きしっかりとした検査を受ける必要があるでしょう。

ムカデに刺されたらどうするべきか、その対処方法について紹介しました。いずれにしても、毒性の強いムカデもいますので、何に刺されたのか判断がつかない場合には、病院に行き診断をしてもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました