ムカデに噛まれた時にすぐやる事まとめ!毒が入り込んだときの正しい対処法

ムカデの画像

害虫として知られているムカデ。見た目もグロテスクで可愛らしいところはなく、すぐにでも目の前から消えてほしいとすら思ってしまいますよね。

そんなムカデですが、噛みつくだけでなく毒を体内に侵入させて激しい痛みを発生させるなど、人間にとって非常に厄介な点を有しています。

ではムカデに噛まれて毒が入り込んだら、どんな対処をしていけば良いのでしょうか?

ムカデの毒の基礎知識

敵を倒すには的のことを知っておく必要があります。ムカデが発する毒について、基本的な部分を知っておきましょう。

ムカデは蜂のように刺すのではなく、強烈な顎を使って皮膚を食いちぎるんですね。

つまり噛んで皮膚に傷をつけ、そこから毒液を体内に侵入させるという段階を踏むわけです。

もしくは、ムカデは大量の足を持っており、歩くとその皮膚に小さな傷をつけますから、ヒリヒリとした痛みが生じるのです。

このように、体内に侵入させる毒の成分はセロトニンやヒスタミン、さらにはポリペプチドで構成されています。ほとんどがタンパク質が元になっているという点が注目されるべきところでしょう。

ムカデに噛まれたら42℃以上のシャワーを患部に当てる

シャワーの画像

ムカデの毒の成分はタンパク質が主だということがわかりました。そのため、タンパク質を分解させる処置ができれば、毒液における悪影響を少しでも減らすことができるようになります。

タンパク質を分解させるには、42℃以上のお湯を当てる必要があります。そこでムカデに噛まれてしまったら、毒液の効果を無効化させるために、42℃以上のシャワーを患部に当ててください。

激しい痛みを伴いますが、シャワーを当てたら傷口を絞って毒液を外に出すようにします。

古くから口で吸い出すのが良いと言われていますが、最近は衛生上の問題から逆に症状を悪化させるのではないかと懸念されています。

毒液を体内にとどまらせておくのは、症状を悪化させるだけですのでできるだけ毒液を絞り出すようにしてください。毒液まで絞り出せたら、氷で患部を冷やしてすぐに皮膚科へ受診します。

傷口からムカデの毒を絞り出して患部を氷で冷やす

患部を冷やしている画像

自宅ではなく出先で噛まれた場合は、42℃以上のシャワーを当てることができません。そんなときは、患部を流水で洗った後、傷口から毒を絞り出して患部を氷で冷やしてください。

氷で冷やして痛みが麻痺されたら、市販で販売されている抗ヒスタミン剤やステロイド剤が含まれている軟膏を塗ります。そして安静にして様子を見てください。

もしも呼吸困難などのショック症状がみられるようであれば、明らかな異常ですのですぐに救急車を呼ぶのを忘れないように。

ムカデに噛まれたら自分に合う処置方法を取ろう

救急箱を持っている男性の画像

ムカデは毒を絞り出すという作業までは同じですが、そこから温める「温熱療法」と「患部を冷やす療法」の2つが存在しています。専門家の間でも意見が割れているのでネット上では、どちらの方法も紹介されています。

どちらを選ぶかは、そのときの状況によって変えていくというのが適切でしょう。噛まれる場所が自宅などの処置環境が整った場所とは限りませんので、どちらのパターンの方法も知っておき、適切な対処がその状況にあわせて行えるようにしておく心構えは大切です。

ムカデに噛まれたときの、毒液に対する対処の方法などについて紹介しました。まずは冷静になって、その場でどんな処置をするのが適切なのかを考えて行動をするようにすれば、応急処置としては上出来です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました