魚の寄生虫!刺身を食べる時に気をつけるポイント

海産物の画像

寄生虫について解説!!

 

日本は四方を海に囲まれているので、海産物が豊富に採れます。

 

それは食文化を深く形成する大きな力を持っており、日本では海産物の料理がとても多く親しまれています。

 

そんな中、生食である刺身はとても人気があります。

 

ですが刺身には寄生虫がついていることも多く、中には危険なタイプもいるとのことで注意が必要です。

刺身の寄生虫を食べると激しい腹痛や下痢を起こす!

刺身の寄生虫の画像

生食によって人間に感染する寄生虫として、「アニサキス」がいます。

 

刺身であっても上手く包丁で切れていなければ死ぬことはなく、筋肉等に付着しているのでそのままネタとして提供されることもあります。

 

そして食べることによって、人体に入り込み寄生をします。

 

幸いなことにイルカやクジラという海産哺乳類が終宿主であり、そこでしか成虫にはなりません。

 

人体の中では幼虫のままですが、胃腸壁を食い破って生きていこうとするのでかなりの激痛が走ります。

 

腹痛や下痢、嘔吐などの症状が見られたらアニサキスが体内で暴れている可能性がありますので、病院で検査をしてもらいましょう。

 

危険なのは烏賊(イカ)類の生食です。

 

また筋肉に付着しているのはサケ類に多く、この場合は内臓を取り除いたとしても、一旦は加熱するなどしたほうが安全です。

 

ナマズやドジョウの刺身には寄生虫がたくさんいてる!?

淡水ですが、刺身にする機会もあるナマズやドジョウにも寄生虫はいます。

 

それは「有棘顎口虫」が犬や猫などの胃壁に寄生をして卵を産み、それが排泄によって外に出ていきます。

 

これらがコペボーダなどの無脊椎動物を経て、ドジョウやナマズなどに入りっていきます。

 

これらを摂取すると、虫体は腸壁を貫いて体内に侵入し、皮下組織内に移動します。

 

そして眼や脳に入り込むと重大な病気になる可能性もあるので注意が必要です。

 

人体は終宿主ではありませんので、人体内で成虫になることはありませんから卵は産みません。

 

手術によって内部に潜む寄生虫を取り除くしか治療方法はありません。

 

どじょうのおどり食いなどはとても危険です。

 

人体内で10年以上も生き延びる恐ろしい寄生虫

肝吸虫の画像

淡水魚であるモロコ、ヒガイ、タナゴなどに寄生するタイプに、「肝吸虫」があります。

 

これらに寄生された淡水魚を刺身などの生食で摂取することによって、幼虫が人体内に入り感染をしていきます。

 

症状は、胆管、胆嚢の異常です。

 

成虫は人体内で10年以上は生き延びると言われているので、症状が長引く恐れもあります。

 

予防としては、淡水魚の生食を避けます。

 

海産魚類とは違い、寄生虫の中には人体に比較的感染しやすいタイプが多い淡水魚は、基本的に生食をしないことが望ましいとされています。

 

人体に影響を及ぼす恐ろしい刺身の寄生虫

日本海裂頭条虫の画像

日本海裂頭条虫という寄生虫も刺身などにすると感染する可能性があります。

 

これは哺乳類の腸管に寄生をして、生み出された卵は淡水甲殻類が摂取し、それを捕食したサケやマス類に寄生します。

 

筋肉内に寄生するので、刺身にしてサケやマスなどを食べると幼虫が体内に入り腸管内で10m前後にまで大きく成長をしていきます。

 

哺乳類を終宿主としているので、人体でも成長をして糞便として卵も排泄されてしまいます。

 

症状は腹痛や下痢程度で、重篤なことにはなりません。

 

これは終宿主を死亡させてしまうと寄生虫も死亡するので、症状が軽いのだろうと言われています。

 

刺身は生食として日本では一般的です。

 

海外からすると、ちょっと理解が出来ないと言われているようですが、海産魚介類や淡水魚には寄生虫がいるのは一般的ですので、分からなくもありませんね。

 

人体にほとんど影響はありませんが、今回は影響のある寄生虫をいくつか紹介しました。

 

これらを宿主としている生物を特定して、刺身などの生食を避けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました