ブリ寄生虫を画像で解説!糸状虫が養殖におらず食べても害はない?

ブリの画像

冬から春先にかけて旬を迎えるのがブリですね。

 

天然モノは正月にはめでたい物だとして、市場に多く出回ります。

 

そんなブリですが、特徴的な寄生虫が入っています。

 

どんな特徴を持っていて、人体に問題は無いのでしょうか?

 

ブリに寄生する寄生虫

ブリに寄生するのは、ブリ糸状虫であり線虫類に属される寄生虫です。

 

同じ仲間に犬に感染をするフィラリアがいますが、こちらのほうは人にも感染して足などを大きく腫れさせるものが存在します。

 

海に生息する魚介類は数多くの寄生虫が寄生すると言われており、ブリだけが特別ではありません。

 

サンマもカツオもイカにも特徴的な寄生虫を持っています。

 

魚を購入して調理をする時に、中から虫が出てきて驚く人もいるでしょうが、多くの魚は寄生虫を保有していると考えておきましょう。

 

ブリの寄生虫は成虫になると50cmにもなる

ブリ糸状虫の画像

さてブリに寄生する「ブリ糸状虫」は魚の血を吸って栄養としているので、ちょっとピンクがかった色をしているのが特徴です。

 

体長は成虫になると50cmほどにまで成長すると言われているので、大型の寄生虫だと分かります。

 

ブリ糸状虫が寄生する場所は、筋肉や体膣にとぐろを巻くような形で寄生をしています。

 

調理をする時に、さばかれた状態でない丸々を購入して、そこからさばくときには遭遇する可能性は高くなります。

 

稀にカットされているタイプでも存在するようですが、体長が50cmを超えるので見た目ですぐに判断ができるでしょう。

 

ブリの天然物に寄生虫が多く養殖には寄生しない

ブリの刺身の画像

細長い形をしているのが特徴で、末端はとがってはいません。

 

寄生によって生じた腔内には黄白色の粘液がたまっているようなところがあります。

 

寄生は春先に一番多くなり、秋や冬は少ないと考えられています。

 

そして天然物に多く、養殖には寄生しないとも言われています。

 

つまり、この寄生虫がついているブリは天然物で鮮度が高いことを意味しているので、買ってきたブリは間違いないことの証でもある訳です。

 

この寄生虫は、人体には寄生をしないので気付かずに食べてしまったとしても関係はありません。

 

ですが見た目からしてちょっとグロテスクなので、ブリから出てきてしまったら交換をしてもらう人のほうが多いと言われます。

 

他にもブリに寄生する虫は多い…

ブリの切り身の画像

ブリに寄生する寄生虫は、ブリ糸状虫が圧倒的に多いのですが、それ以外にも寄生している場合があります。そのひとつに「ハダムシ」があります。

 

ハダムシは、魚の皮肌に付いている場合が多く、身には寄生しません。

 

そのため取り除きやすいという特徴があります。

 

人が誤って摂取したとしても害がある訳ではありません。

 

また人には寄生しませんが、「ラジノリンクス」という寄生虫もブリに寄生しています。

 

主に内臓部分に寄生をして、体長は3cmほどに成長します。

 

魚の腸管に円筒形に付着をしていきます。

 

ブリの寄生虫として有名なのが、「ブリ糸状虫」です。

 

家庭で調理をしている最中に、ブリの中から出てくることもあり、見かけた人も多いようです。

 

人体に害がない寄生虫ばかりですが、見つけたら取り除いて調理をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました