イカの刺身に寄生虫!対処法と予防策を解説

イカの画像

見た目はさておいて、刺身や焼いても美味しいのが「イカ」ですね。

 

古くから干して食されており、かなり重宝されていたとも言われています。

 

そんなイカですが、意外と寄生虫に感染しているものが多いのです。

 

もし寄生虫がいたらどうすれば良いのでしょうか?

イカや魚介類に寄生する寄生虫について

実は魚介類に取り付く寄生虫はとても多いのです。

 

しかしそのほとんどが、人間に感染することなく食べたとしても排泄されていくので、無害だと言われています。

 

そして人体内で増殖するという寄生虫は、魚介類に取り付いているタイプのもののみで言えば今のところ存在していません。

 

ほとんどは無害ですが、アニサキスとニベリアというイカに取り付いている寄生虫は激しい腹痛などを引き起こします。

 

イカに寄生して人間にも感染する寄生虫が危険

アニサキスの画像

イカに寄生して人間にも感染する寄生虫として、「アニサキス」はとても有名です。

 

日本でも年間に2000名以上がアニサキスに感染したと見られる症状を訴えていることがわかっています。

 

これは病院で検査を実際に受けた人に対する調査ですので、実際にはもっと多くの人が感染しているのではないかと言われています。

 

アニサキスの幼虫は、体長が2~3cmくらいで渦巻きの形をしているのが特徴です。

 

イカだけでなくサバやニシンなどにも寄生をしており、これらを食べたクジラやイルカを最終宿主とします。

 

アニキサスの幼虫を食べたら、ほとんどは排泄されるのですが、ごく一部が胃や腸の壁に付着することで生き延びるパターンもあります。

 

するとアニキサスは胃や腸の壁を食べてしまい、それによって激しい腹痛や下痢、嘔吐などを発生させます。

 

イカに寄生する寄生虫を食べてしまった場合

お腹を抑える男性の画像

イカに寄生しているアニサキスを食べてしまい、腹痛等の症状が出てしまったら、すぐに病院に行くのが望ましいです。

 

胃カメラで確認をしてピンセット等で取り除くことで回復していきます。

 

もしくは幼虫の生存期間はおよそ4日程度なので、痛みに我慢が出来れば自然治癒も可能です。

 

それでも重症化したり違う病気を併発させる可能性もあるので、やはり病院に行って治療してもらうのが良いでしょう。

 

イカの生食を出来るだけ避けよう

イカの画像

イカに感染しているアニサキスは、死んだ状態では食べても害はありません。

 

そのためイカをよく焼いて食べるようにすれば防げます。

 

また、冷凍では24時間凍らせ続けると死滅しますので、食べても大丈夫です。

 

感染者のほぼ全員は、生のイカを刺身などで食べて感染をしています。

 

ショウガやわさびが毒消しの効果があるということで期待されているのですが、これぐらいではアニサキスは死滅しないとの報告もありますので、なるべく生で食べるのは控えましょう。

 

イカに寄生している寄生虫の中には、人体に害を与えるタイプも存在しています。

 

そのタイプと、対処方法などを紹介しましたので、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました