ダニアレルギーにみられる特徴的な症状と対処法

腕を掻く女性の画像

日本人の多くを苦しめているのが花粉症ですね。人工林であるスギを植えたのは良いが、伐採をしていないので多くの花粉が全国各地に飛び散っているというのが現状です。

花粉で鼻水や涙、くしゃみが出るのは体がアレルギー反応をしているからです。このようにアレルギー反応というのは身近なところでも頻繁に発生しており、決して他人事ではありません。

そんな中、ダニアレルギーで悩んでいる人も多くいます。気密性が高く湿気がある住宅が増えてきたこともあり、ダニが多く住み着くようになりました。

花粉と同じように、ある一定以上のアレルゲン物質を体内に取り込むと、反応が起きてアレルギーとなります。

ではダニアレルギーの症状とはいったい何があるのでしょうか?

ダニアレルギーが引き起こす症状

鼻を擤む女性の画像

ダニアレルギーの症状として代表的なのが、「鼻炎」ですね。アレルギー性鼻炎を患っている人はとても多くなってきており、特に子供に増えているという特徴があります。

「アレルギー性」と表現されてるところから分かるように、様々なアレルギーがこの鼻炎には関係しています。ハウスダストもそうですし、花粉もそうです。とにかくアレルギーの反応で一番多いのが鼻炎なんですね。

ダニアレルギーも、その他のアレルギーと反応としては同じですから、鼻炎という症状がもっとも多くみられます。ダニの糞や死骸が鼻に入ると、体の免疫機能が「異物」として反応し、抗体を作り上げます。

その抗体がある一定数以上を達すると、アレルギー反応として体が過剰な対応を取るようになります。余計に鼻水を出してアレルゲン物質を追い出したり、鼻を詰まらせて体内への侵入を防いだり。

こうした体の過剰反応が、アレルギー性鼻炎と結びついており、ダニアレルギーでもそれが顕著にみられるのです。

皮膚炎や咳も特徴的なダニアレルギー症状

ダニアレルギーの症状で、目に見えるものとして「皮膚炎」があります。赤くて小さなポツポツとした湿疹が広がっていてかゆいというのが特徴となります。

ダニに噛まれるだけでなく、死骸や糞などを吸うことによっても体が過剰に反応をして、アレルギー反応がでます。

肌がもともと弱いと湿疹が出る可能性が高くなりますし、そこから反応が過剰となれば、湿疹は長引いてしまいます。

またアレルギー物質が喉に入ることによって、体がそれを体外へ排出するために過剰に反応し、咳がヒドくなるという症状もあります。こちらはダニアレルギーに多くみられるものであり、喘息の原因ともなるので油断は禁物です。

ダニアレルギー反応が起きないするには?

保育園の掃除をする女性の画像

ダニアレルギーによる症状は色々とありますが、これらを少しでも抑えるにはどうするべきでしょうか。

自分がどんなアレルギーを持っているかをすべて解明することは、現代の医学技術をもってしても不可能です。

多くは、アレルギー反応が起こってから、自分がその物質に対してアレルギーを持っているんだと気づき、できれば近づかないことが大事です。

果物アレルギーなら、該当する果物を食べない。花粉症なら花粉から離れる。これと同じように、ダニアレルギーならダニから離れるという対応が大切です。

ですが自宅からダニを完全に駆除することは不可能です。こまめに掃除をして絶対数を減らし、アレルギー反応が起きない程度の状態をキープさせるしかありません。

専門医に相談してダニアレルギーを治療しよう

医者と男性の画像

症状がヒドい場合には、市販されている薬ではあまり効果がありません。

咳がヒドければ内科に、皮膚炎が悪化するようであれば皮膚科に、鼻炎の症状が強くなるようであれば耳鼻咽喉科に行って相談するようにしてください。

アレルギー反応に対応した薬などを処方して、症状を落ち着かせることができます。

特に子供の場合はダニアレルギーから喘息につながってしまうこともあり、つらい毎日を送らなければいけないので大変です。

ダニアレルギーの症状と対処法などについて紹介しました。普段の生活に密接に関係しているアレルギーだからこそ、しっかりと対応をして実施していくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました