耳にダニ?猫の寄生虫の対処法と効果的な薬

猫の画像

が何度もを気にしたり、後ろ足で頻繁に掻くなどいつもとは違う行動をしていたら、耳ダニが寄生している可能性があります。

 

耳ダニは、とても小さなダニなので肉眼で確認することは難しいとされています。

 

猫にとってはツライ思いをする耳ダニですが、どんな症状があり治療するには何をすれば良いのでしょうか?

 

猫に耳ダニが寄生すると生じる症状

ミミヒゼンダニの画像

耳ダニは「ミミヒゼンダニ」と呼ばれるダニで、体長0.3mm程度の小さなダニです。

 

寄生すると激しいかゆみに襲われるだけでなく、敏感な耳に違和感を感じるので猫にとっては大変なストレスとなります。

 

激しく頭を振ったり、壁に耳をこすりつけるといった行動をするようになります。

 

耳ダニが出す糞によって耳垢が黒くなって、大量にボロボロと出てくるので、ここまでくれば明らかな異常を飼い主も感じることができるようになり、耳ダニが寄生していると気づきます。

 

繁殖力がとても強く、完ぺきに駆除するのが難しいとされている厄介なダニです。

 

放置すると慢性的な外耳炎となり場合によっては中耳炎になる恐れも指摘されていて、運動に障害が生じるケースもあるようです。

 

猫を多頭飼いしているところでは、1匹に耳ダニが寄生していると他の猫にも確実に寄生していると考えたほうがよいでしょう。

 

猫に耳ダニの疑いがあればすぐに病院へ

獣医と猫の画像

猫が耳ダニがいるような行動をしたら、すぐに動物病院へ行き駆除してもらいましょう。

 

体長が小さいので肉眼で観察することは難しく自分で駆除するのは数も多いですから、不可能に近いとされています。

 

動物病院に行き、駆除薬を用いてダニの数を少しずつ減らしていきます。

 

もし猫の耳に傷があるときには抗生物質を飲ませて治療をしていく必要があります。

 

猫の耳ダニを駆除するときには、根気よく定期的に繰り返し駆除を行うことが必要となります。

 

複数の猫を飼育しているときは、すべての猫に対して駆除の治療をしなければ、すぐに寄生されてしまうので意味がなくなるのです。

 

耳ダニは、耳垢を餌としてすぐに増殖することが知られています。

 

もし耳に垢やゴミといったものが残っているのだとすれば、ダニの隠れ家となるだけでなく住み心地の良い場所になります。

 

耳垢は定期的に取り除くようにしましょう。

 

猫の耳ダニに効果的な薬とは?

イベルメクチンの画像

猫の耳ダニの駆除で使われる薬には「イベルメクチン」とよばれる成分が配合された薬が使われいます。

 

これはダニなどの駆除の際に、頻繁に用いられる薬です。

 

またフィプロニルやメトプレンという成分が含まれている薬を使うこともあります。

 

塗り薬としては定番なので知っている人も多いことでしょう。

 

ダニを駆除する薬は、殺虫剤のような区分になりますので獣医師の説明をしっかりと聞いて対応するようにしましょう。

 

他の病気のために治療をしている場合にはより注意が必要となります。

 

薬は使い方等を間違えてしまうと、命に関わることもありますから、動物病院で薬をもらって正しく使うようにしましょう!

 

猫は室内飼いにして耳掃除を定期的にしよう

猫が耳ダニに寄生されないようにするには、ダニをもらってこないようにすることが何よりも大切です。

 

一番の方法は完全に室内飼いにして外に出さないようにすることでしょう。

 

家の外に出てしまう猫の場合は、草むらや他の猫との接触などによって簡単に寄生させてしまうので、駆除薬を定期的に塗るなどして寄生しにくい体にさせていきましょう。

 

毎日の耳掃除やブラッシングをしてあげるのも、耳ダニの予防という点において早期発見につながります。

 

耳を掃除する方法はちょっと難しいので、獣医師い相談をしたり任せてしまうのが安全かもしれません。

 

猫の耳ダニについて紹介しました。

 

とても小さいので寄生しているかどうかは、猫の仕草や行動によって判断する必要があり、獣医師に相談して駆除してもらうのが一番確実な方法です。

 

予防という面についても紹介していますので、こちらも参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました