虫刺されアレルギーの腫れ・痛み別|写真付き対処法紹介

腕を掻く女性の画像

活動が活発化する夏場は、海や山などに出かける機会も増えますよね。この時に悩ましいのが虫刺され

気づいたら刺されていて、赤くぷっくりと腫れてしまうので、ちょっと恥ずかしくもあります。

虫刺されによって腫れるのは、アレルギー反応が関係しているといいます。

ですがすべてがアレルギーのせいというわけでもないようで…。

虫刺されによるアレルギーはかゆみと腫れを伴う

虫刺されした腕の画像

虫刺されによって、チクっとした痛みは、虫が刺した時の針による痛みとなります。

また皮膚に注入された物質の作用などによって、この痛みというのは発生するのでアレルギーとは関係がありません。

アレルギーが関係してくるのは、「かゆみ」の部分です。虫刺されが生じた際、虫は毒素や唾液を皮膚の中に注入していきます。すると体としては異物が侵入してきたのと一緒で、退治しようと免疫機能が働きます。

この免疫機能の働きによって、神経刺激物質であるヒスタミンが分泌され、かゆみとして知覚するのです。

この一連の流れが生じて、赤く腫れてかゆみが発生するのですが、これらがアレルギー反応とみなしており、夏場など誰もが経験しているかゆみや腫れとなって現れます。

虫刺されには2つのアレルギー反応がある

この虫刺されによるアレルギー反応には、2つの種類があります。それは「即時反応型」と「遅延型」です。

即時反応型は、虫にさされてすぐにかゆくなり、赤くミミズ腫れのような状態になりますが、数十分もすれば症状が落ち着きます。

一方の遅延型は、虫に刺されてから数時間後にかゆみや腫れなどが生じて、数日ほど腫れが続くのが特徴です。多くの人が、虫刺されとして悩んでいるのが遅延型であり、蚊はその代表的な虫です。

年齢や刺された回数によってアレルギー反応が変化する

顔が腫れた少年の画像

虫刺されにおける反応は、刺された回数によって変化すると言われます。

まだあまり刺されたことのない乳幼児のほとんどは、遅延型が顕著にみられ、成人になるにつれて両方のアレルギー反応が見られていきます。

青年から壮年にかけては、即時反応型のみが生じ、老年期に突入するとどの反応も示さなくなるのだとか。

お年寄りは蚊に刺されてもかゆみを感じないのは、その機能そのものが弱ってしまっているからです。

蚊アレルギーで症状が重くなる例も…

日本は海洋性気候で比較的温暖です。そのため蚊にとっては住み心地の良い環境が整っているので、夏場は蚊に刺されることは頻繁に起こります。

普通は蚊に刺されても、数日もすれば症状は治まっていき患部もきれいになります。ですが稀に蚊にさされたことで起こる、「蚊アレルギー」を示す人がいます。

通常の蚊なのに、刺された患部が激しく腫れて、痛みとかゆみ両方生じます。またリンパ節も腫れるので若干ですが発熱も確認されますし、刺された後が残ってしまうほどです。

ほとんどの人には関係ありませんが、稀に確認される蚊アレルギーがあるということも知っておきましょう。

虫刺されのアレルギー反応を鎮めるために免疫力を高めよう

複数の食事の画像

虫刺されのアレルギー反応を鎮めるには、抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏を使いましょう。症状がもしヒドい場合には、内服薬の抗アレルギー薬を使います。

理想は、何も手を加えずに自然治癒で治すというものです。実は薬を塗ってもかゆみを知覚させるヒスタミンの活動を抑える程度しかできず、症状そのものを治すものではないんですね。

基本的には自然治癒力に頼らざるを得ないので、免疫力を高めるために睡眠をしっかりとり、栄養バランスを考えた食事をすることが、虫刺されのアレルギー反応を改善する一番の治療法なのです。

虫刺されで見られるアレルギー反応の原因や治療法について紹介しました。アレルギー反応にも、2つのパターンがあり、まれに症状が悪化するアレルギー反応もありますので、注意をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました