虫刺されによって生じた跡を消す2つの方法

肩を掻く女性の画像

虫刺されって、知らない間にできているから嫌ですよね。それも露出をする部分が腫れてしまうと何だか恥ずかしいですし、見た目としても良いものではありません。

そんな虫刺されで出来る跡ですが、早く消すにはどうすれば良いのでしょうか?

虫刺されで跡が出来る原因

虫刺されした腕の画像

虫刺されによって出来る跡ですが、これは皮膚をかき壊すことによって患部にいた細菌が周囲に広がり二次感染をして生じます。

跡が残るからといって、虫刺され後に何もケアをせずにかかないようにしたとしても、ケアをしなければ周囲にメラノサイトという色素が集まり、黒く沈殿して跡として残ってしまいます。

跡になると3ヶ月ぐらいは消えないのですが、ひどい炎症などになると場合によってはシミとしてその場所にずっと残ってしまいます。

たかが虫刺されだと思って油断をしていると、後々にとんでもないことになってしまうんですね・・・。

虫刺されの跡を悪化させない方法

虫刺されの跡を悪化させないためには、とにかく「かかない」ことが大前提です。かいてしまうと、特に被害を受けていない皮膚も傷付けてしまい、かいた傷までもが跡になってしまう危険性があります。

かゆみ止めなどを積極的に使い、かきたいという衝動を抑えるように工夫をして、寝ている最中など無意識にかいてしまうのを予防しましょう。

かゆみ止めを選ぶときには、かゆみを抑える抗ヒスタミンと炎症を抑えるステロイドのどちらも入ったものがオススメです。

また患部の紫外線対策はしっかりとしておきましょう。紫外線に患部が触れるとメラノサイトがやはり活発化して黒くさせてしまいます。

美白化粧水を使って虫刺されの跡を消そう

化粧水の画像

虫刺されの跡が残ってしまった場合には、美白化粧水を使って沈着している色素を元踊りに戻していくことが必要となります。

美白ケア化粧品には、メラノサイトの働きを弱めてくれて、メラニンを作り出さないような作用があります。

プラセンタなどが配合されている美白化粧品は、虫刺されの跡を消すのに効果的だと言われています。

また脚やでん部は、顔よりも皮膚が厚いので顔よりも気長に対策をしなければいけません。

シンデレラタイムに睡眠でも虫刺されの跡は消える

寝てる女性の画像

虫刺されの跡を残したくないのであれば、規則正しい生活を身に付けることも忘れてはならないことです。

お肌のシンデレラタイムと言われているのは、夜22時から2時にかけての間です。

この時間は皮膚の代謝が促進されて、老廃物などを体外に排出してくれます。

そのためキレイな肌を作り出してくれる時間帯ですから、美容液などに頼るよりかは人間が本来持っている能力を利用したほうが良いのです。

色素沈着によって、跡は残りますから虫刺されで気になった場合には、22時から2時までの間に睡眠をとるようにしましょう!

虫刺されによって跡が残ってしまう原因や対策方法などを紹介しました。美白化粧品も良いですが、やはり睡眠を大切にするのが一番でしょう。

跡に残らない工夫をまずはして、それでも跡になってしまったら次の対策として考えてみると効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました