虫刺されで腫れや痛い時の原因と正しい対処法

首を掻く女性の画像

虫刺されは春から夏にかけて多く見られます。刺されることによって、痒みを覚えそれによって気付くケースが多いですし、虫刺され自体は珍しくないので慣れている人も多いでしょう。

そんな虫刺されですが、痒みだけでなく「痛い」感じるようになったら、それは何が原因になっているのでしょうか?

虫刺されは痒みだけでなく痛みもある

虫刺されで痒みだけでなく、痛いと感じるようになったらそれは「ブヨ」に刺された可能性があります。

ブヨは、蚊とは違い刺すというよりかは、皮膚を噛みちぎって吸血を行います。かなりアグレッシブな行動を見せてくるのです。

これによって、かなり大きく腫れますし猛烈に痒くなります。腫れは数週間から数ヶ月ほど続き、痒みも同じ期間長引きます。

痛みは、腫れが最も大きくなった時期から痛みだし、腫れが引くまで続くと言われています。

痒いから患部をかくと、傷口が広がってしまい痛みを伴います。かゆいのに痛いという何とも言えない状態がブヨの特徴とも言えるでしょう。

ブヨの痛いを治すには、抗ヒスタミン剤やステロイド系軟膏を塗って炎症と痒みを抑えるのがベストです。あとは気になってもかかないようにすれば、治りは早くなるでしょう。

痒みも痛みも伴う虫刺されとは?

蜂の画像

ブヨのように、痒みも痛みも伴う虫刺されではなく、痛みしか伴わない場合は「ハチ」による虫刺されの可能性があります。

ハチは吸血をするわけではなく、自分の身を守ったり巣を守るために攻撃をします。

その時に毒物を体内に入れることがあり、体がその毒物を外に出そうと必死に働き、大きく腫れて痛みを伴います。

虫刺されで、「痛い」としか感じなかったらほとんどがハチと思って良いでしょう。日本は温暖な気候で植物の種類が多いので、ハチにとって住みやすい環境が整っているので、ハチに刺される人は少なくありません。

虫刺されで起こるアナフィラキシーショックに注意!

虫刺されしてる様子の画像

ハチに刺されると、痛いだけでなくショック症状にも十分に注意が必要です。ハチに1回すでに刺されている人は、体内に毒物に対する抗体が作られており、次に備えています。

しかしながら、刺されるのが2回目の人は体内の抗体が過剰に反応してしまい、発熱や蕁麻疹、意識障害から呼吸困難などを引き起こします。これを「アナフィラキシーショック」と呼ばれており、すぐに病院で検査を受ける必要があるのです。

アナフィラキシーショックは、誰にでも発生する危険性があり、特に子供の場合は重症化するケースも見られます。ハチに出くわすような場所に行くのであれば、刺されないように注意しましょう。

ムカデによる虫刺されには注意しよう!

ムカデの画像

毒性はハチよりも低いですが、ムカデに指されても痛いと感じます。ムカデは強力なキバを使って噛むので、その周辺がぷっくりと赤く腫れますし、激しい痒みと同時に痛みをも伴うので、異変を感じるのは容易です。

ムカデの毒性は低くても、すでに1回指されたことがある人は、アナフィラキシーショックに十分に注意をする必要があるでしょう。痛みや腫れなどは、ステロイド系の軟膏を塗布しておけば、数日程度で収まるケースがほとんどです。

ムカデにはかなりの種類がおり、毒性が強いタイプもいますので、たかがムカデと侮っていると大変な症状が出る可能性があります。

虫刺されで痛いと感じる場合の原因と対処方法について紹介しました。やはりハチに刺されるのは、ショック症状もあるのでかなり危険が伴います。

虫刺されは油断していると、命に関わる場合もありますので、注意しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました