虫刺されが治らない…|かゆみやしこりへの正しい対処法

虫刺されした腕の画像

虫刺されは気をつけていたとしても、気付いたら生じていますよね。目立つ場所にばかり出来て、憂鬱な気分になってしまう人も少なくはありません。

そんな虫刺されですが、場合によっては全然治らないときもあります。治らない理由は何なのか。そして、対処方法はあるのでしょうか?

虫刺されが生じる原因とは?

虫刺されは、蚊やブヨ、ケムシからダニなどに刺されることで赤い発疹ができ、かゆみや痛みを伴う炎症を指します。

いずれにしても、異物が体内に入り込むのでそれによって体がアレルギー反応を引き起こします。一生懸命異物を体外に追い出そうと頑張るわけで、それによって痛みや痒み、腫れが出るのです。

虫刺されが治らない原因は「ブヨ」の可能性が高い?

ブヨの画像

この虫刺されですが、中々治らない場合は「ブヨ」に刺された可能性があります。ブヨは蚊のように「刺す」のではなく、「噛みちぎる」ようにして、血を吸っているため、炎症が収まるまでに時間を要するのです。

噛みちぎるブヨに刺されると、大きく腫れて激しい痒みに襲われます。傷口が深く広いので、外部から他の細菌が入ってこないようにかさぶたになります。

経験のある人も多いかもしれませんが、かさぶたになった状態はとても痒いものです。傷を治すためにかさぶたになるのですが、そこから出てくる成分がより痒みを増幅させる作用があるために痒さが増すのです。

ブヨに刺されると、長い期間炎症を抑えるステロイド系軟膏が手放せません。アレルギーに敏感な人は重症化したり発熱の危険性もあります。

虫刺されはかかずに冷やして治そう

患部を冷やしている画像

虫刺されが中々治らない場合の対処方法は、とにかく「かかない」ことです。

患部を知らない間にかいてしまい、患部の傷が広がりより炎症を悪化させているから治らないケースが多いのです。

保冷剤で患部を冷やしたり、抗ヒスタミン剤やステロイド系軟膏を塗って痒みを止めるようにしましょう。ガーゼをつけたり、パッチを貼るなどして、かかないように工夫することもできます。

もし症状が悪化し、発熱などの異変も感じたならば念のため皮膚科を受診しましょう。過敏にアレルギー反応を示している可能性があります。

虫刺されが治らない場合、自家感作性皮膚炎を引き起こしている可能性も

腕を掻く少女の画像

虫刺されがどんどんヒドくなっていき、改善されるどころか、むしろ治らない状態が続く人は、「自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)」になっている可能性があります。

自家感作性皮膚炎は、虫刺されによって生じた腫れが一気に悪化して、発疹の周囲部分から全身に細かい丘疹が見られる症状となります。

虫刺されをかきすぎてしまい、より強いアレルギー反応を引き起こし、さらに症状が悪化してしまった状態を指します。数ヶ月で治る場合もあれば、数年ほど痒みが続くこともありますので要注意です。

~まとめ~

  • 虫刺されが生じる理由とは?
  • 虫刺されが治らない原因は「ブヨ」の可能性が高い
  • かかないで冷やすことが大切
  • 虫刺されがひどい場合、自家感作性皮膚炎を引き起こしている可能性も

虫刺されが治らない場合の原因と、その対処方法について紹介していきました。春から夏にかけて頻繁に虫刺されには遭遇するので、ある意味で慣れている人も多いでしょう。

そんな中でも治りが悪いというのは、何かしら原因が隠されています。そこをしっかりと把握できるように、今回の情報を参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました