虫刺され跡を画像付き完全に消し去るすぐできる方法

腕を掻く女性の画像

虫刺されを見ると、が残っている場合があります。夏場などの露出が増える時期に跡があると、かなりショックですよね。外を歩くのも憂鬱になってしまうほどです。

そんな虫刺されの跡ですが、消すにはどうすれば良いのでしょうか?

虫刺されの跡が消える時間はどれぐらい?

虫刺されした手の画像

虫刺されの跡はかなり厄介です。

通常は3ヶ月程度で人間が持つ修復能力によって消えていくのですが、色素沈着している場合には、シミとしてその場所にずっと留まることになります。

虫刺されによって生じた水ぶくれの対処法と注意点

つまり虫刺されと言っても油断をしていると、ずっと消えないシミになってしまうので注意が必要なのです。

シミになる条件としては、虫刺されをケアせずに放置していたり、かき壊してメラニンの働きを活発にさせてしまうなどが挙げられます。

1、虫刺されの跡は「美白化粧水」が効果的

虫刺されの気になる後を消すには、美白化粧水を使うと良いです。美白化粧水には、色素沈着を元通りに戻してくれる作用があります。

具体的に言うと、メラニン色素を作り出している「チロシナーゼ」という成分の働きを阻害して、メラニンを作り出さないようにするのです。

美白化粧水を使う場合には、プラセンタなどが配合されている製品を用いるようにしましょう。

脚やでん部というのは、顔に比べて皮膚が厚いため、気長に対策を進めていく必要があります。

2、「シンデレラタイム」を利用してキレイな肌を作る

寝てる女性の画像

さらに皮膚の代謝を良くするように、生活習慣に気をつける必要はあるでしょう。

皮膚や体内の代謝が促進されて、古い皮膚色素沈着が残る組織を新しい細胞に生まれ変わらせる活動が活発になる時間があります。

それが肌のシンデレラタイムと言われている、22時から2時の間です。この時間にはどうにか寝るようにして、キレイな肌を保つように工夫をしましょう。

3、「バイオオイル」は虫刺されの跡が消える魔法のクリーム

バイオオイルの画像

医療現場でも使用されている、虫刺されの跡を消すためのアイテムとして「バイオオイル」があります。

生傷が癒えて、跡が残っている状態になったらバイオオイルを塗っていくだけです。

傷跡の種類は、虫刺されだけでに留まらず、怪我や手術後の傷跡、やけどの跡ですらキレイに消してくれるような魔法のクリームです。

~虫刺されの跡を消すための3つのアイテム~

  • されの跡は「美白化粧水」が効果的
  • 「シンデレラタイム」を利用してキレイな肌を作る
  • 「バイオオイル」は虫刺されの跡が消える魔法のクリーム

虫刺されの跡は、中々ガンコです。規則正しい生活を送るのと同時に、美白化粧水やバイオオイルなどを塗りケアをしていけば、早く治すことが出来るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました